宝ものの君たちへ

心は、上手な絵描き

「桜梅桃李 (おうばいとうり) 」 という言葉

があります。

桜は桜、梅は梅、桃は桃、李(すもも)は李。

だから、素晴らしいのです。

 

自分の良い面を伸ばしていけば、

欠点は隠れるという事です。

例えば、「短気」は何をやっても速くて「スピーディー」だという長所にもなる。

「おとなしい」性格は「みんなの和をつくる」長所にもなる。

「感情の起伏の激しい」性格は「情熱的」になる。

「大雑把」な性格は「大らか」になる。

「神経質」な性格は「こまやかな」心配りになる。

性格が人生を決めるのではない。

性格を、「どう生かすか」で決まる。「どう生きたか」で決まるのです。

どんな性格であろうと、自分らしく、

「誠実に生きていこう!」 と決めて頑張っていけばいいのです。

読書も 「やりきった!」 という努力が自信になる。

そうやって大地に足をつけた人は、人が認めてくれようが、くれまいが、

そんな事は 「小さなこと」 だとわかるのです。

自分で自分を認めてあげれば、それでいいのです。

仏法では、「心は、上手な絵描きのようなものだ」 と教えています。

自由自在に、理想的な「自分の未来」をデッサンし、肉付けをし、色づけをして、

やがて「現実」のものにしていける。

そういうすごい力が心にはあるのです。まして、君たちには「ご本尊」がある。

「こうなりたい」 というイメージをしっかりと描き、抱きしめて、祈り抜き、

努力していけば、必ず、自分の思い通りの生き方を歩めます。

以前にも書いた通り、御書には、

「心こそ大切なれ」

「心の財、第一なり」

「志ざしと申す文字を心へて仏になり候なり」等々と、何度も何度も、

「心」で耐え抜く。「心」で開く。そして「心」で勝つと教えています。

自分と友達について

「桜梅桃李 (おうばいとうり) 」 の別の意味は、友達との友情も教えています。

友人というのは、君を映し出す 「鏡」 です。

学生時代からの友もいれば、社会に出てからの人脈で築く友人もいる。

「自分が誠実で変らない」これが友情です。「自分で決まる」という事です。

相手の態度ではなく、自分の態度が大事です。

「相手が自分の事を思ってくれる」から友情ではない。

「相手が裏切らない」間だけ友情が成り立つものでもない。

「自分が相手を思う」からこそ友情なのです。たとえ相手にうらぎられても、

「自分は裏切らない」から友情なのです。むしろ相手が苦しい立場にいる時ほど、

自分だけは、その人の味方になってあげる。

その勇気が友情の心です。

例えば、竹は、一本一本が天に向かって、真っ直ぐ伸びている。

他の竹に寄りかかったりしていない。

但し、地下の根っこ(地下茎)の部分ではがっちりと繋がっているのです。

人間も同じで、一人一人は自立しています。真っ直ぐ生きていく強さを持っている。

でも、「心は繋がっている」それが友情です。

全て仏法の生き方なのです。

 

良書をとの語らい

良書との語らい

心の大富豪の君へ

「読書の喜び」を知ってる人と知らない人

とでは、人生の深さ、大きさが、

まるっきり違ってしまいます。

一冊の良書は、

偉大な教師に巡り合ったと同じです。

読書は人間だけができる特権であり、

いかなる動物も読書は出来ない。

自分の人生は一回きりだが、読書によって、

何百・何千のほかの人生に触れることができるし、

2千年前の賢者とも、お話が出来ます。

多くの偉人は必ずと言っていいほど若い時に「座右の書」をもっていた。

それは、自分を励まし、リードするとともに、自分の親友であり、師匠と言える。

しかし、読書もそれなりの努力・挑戦・忍耐があって、

初めて「喜び」がわかってくるのです。いったん、その喜びを知った人は強い。

「本が友だち」になった人は強い。なにしろ古今東西の精神の「宝」を、

自由自在に味わい、くみ取り、使いこなしていけるのだから。

その人こそ、「心の大富豪」です。

人生の時間には限りがある。ゆえに、良書を読む事です。

良書を読む時間を作るには、悪書を読まないようにする以外ない。

悪書は、自分の心の中に、地獄というこれ以上のない最悪の苦しみや

餓鬼という貧欲な感情、畜生という愚痴の心、

修羅という怒りの命を湧きいだせる内容であり、

卑しい悲劇をもたらす、毒薬・麻薬のようなものです。それに対して、

良書は、幸福の向上と、知性と創造の方向に命を導き、

思想・人生を建設する健全さがあるのです。

どんなに読んでも、勉強しても、「もうこれで良い」とは言えない。

21世紀の大樹 (だいじゅ) となるべき君たちです。

今のうちに、どれだけ「心の大地」を読書によって耕したか。それで決まってしまう。

十分に耕され、養分を豊かにもった大地であれば、大樹は、いくらでも伸びていける。

みんな自分の中に無限の「可能性の大地」をもっている。

その大地を耕す「鍬(くわ)」が読書なのです。今の若い時に、

良書を読む習慣を作るべきです。そうしないと人生の後半になって、後悔してしまう。

自分は、精いっぱい読書に挑戦しきった。

「もうこれ以上読めない」「もうこれ以上勉強できない」。

そう言い切れる20代の青春であって欲しいのです。

なぜ、祈りは叶うのか

祈りは、自分自身の「勝利の原因」です。

“使命” とは “命を使う” と書きます。

「命」と「引きかえ」にしても、

惜しくないもの。

それが「使命」とも言える。

 

それだけ大事なものを自覚するのは、

ちょつとやったからといって簡単にわかるものではありません。

私たちは、無宗教と自称する人でも・・・何かを心から願っている。

何かを心の底で祈っている。これらを宇宙の法則のうえから、

祈りと現実がきちんと合致していくようにしたのが 仏法の祈りです。

自分という小さなギヤでも、妙法という大きなギヤと、きちって噛み合せていけば、

どんな悩みや困難も乗り越えていける無限のパワーがでるのです。

夢を育てるものは、努力です。

努力すればするほど、夢は大きくなっていく。

「夢」という生き物は、「努力」という食べ物を食べて大きくなるのです。

「夢」という宮殿は、「努力」という地道な石を重ねて、建設されるのです。

その夢を実現させる 「平和の武器」 がご本尊に対する祈りからの出発です。

これがスタートダッシュです。ここから、全てが始まります。

ありのままの姿でいい。

ご本尊を「根本中の根本」と尊敬して、素直に、

子供が「お母さーん」と抱きついていくような気持ちで、ぶつかっていくことです。

苦しければ、苦しいまま。悲しければ悲しいまま。

つくろわず、飾らず、背伸びせず、ありのままの心で唱題をしていけばいいのです。

勤行する時間がなかったり、なかなかできない人は題目をあげなさい。

題目が「主食」であり、お経は「おかず」のようなものです。

両方がそろったほうが良いに決まっているが、まず題目を上げ切っていきなさい。

そして、その祈りは、自分自身の 「勝利の原因」 を作れます。

祈ったほうが勝ち。

得をします。題目をあげれば、生命力がわいて頭も良くなる。

また、自分の実力を出し切る生命力も湧いてくる。

例えば、実力が「十」ある人なら、

社会での仕事や柔道の試合の時も「十」出す生命力がついてくる。

普通はよくて、七か八しか出ないものです。そして努力した延長に祈りは叶い始める。

「必ず、祈ったようになるんだ」と、自分自身の心が開けて行くのです。

それはまるで「太陽」が昇れば、「地上」 が明るく照らされていくように、

現実の生活や仕事をはじめ、自分自身の将来の生き方など、

自分が何をどうすれば、うまくいくのか、はっきり解ってくる。

そして、「また頑張ろう!」と元気が湧いてくる。

そして祈り方の大事な事は、「より具体的祈り」 でなければならない。

漠然とした一念であっては、「的」を見ないで「矢」を放つようなものです。

また祈れば何とかなるだろうというような、甘えた一念ではなく、

「何としても実現してしていくんだ」という、強き強き叫びが、

こもっていなければならない。

全身全霊をかけた真剣勝負の祈りが、ご本尊に通じないわけがないのです。

これが小宇宙という自分が、

妙法蓮華経という仏の生命を大宇宙の妙法のリズムに合致させるゆえに、

祈りは現実となって、表れ叶うのです。

これを「功徳」とも、「実証」とも言うのです。

ご本尊の事を別名、功徳樹 (くどくじゅ) とも言います。

 

 

 

 

未来を拓く君たちへ

沖縄の青い空

信仰の基本について
?
勤行・唱題(ごんぎょう・しょうだい)

勤行は、毎日の心の掃除です。

心の用意です。

一日の出発のエンジンをかける事です。

女の人が毎朝、

お化粧をするようなものです。

人によっては大きなエンジンを持ってる人がいる。

エンジンの大きさによって、人生の一生の行動が変ってくる。大きな違いです。

?

勤行・唱題という行(ぎょう)に励むことは、

自分自身のエンジンを大きくしているのです。

また、勤行・唱題は、自分自身と大宇宙とが交流しゆく儀式なのです。

ご本尊を根本として、自分という「小宇宙」の中に「大宇宙」の生命力を、

生き生きとくみ上げゆく作業が勤行です。それを毎日繰り返していけば、

生命力のエンジンが強くなってくる。

?

日蓮大聖人は「一遍の題目にも、限りない功徳がある」と言われている。

いわんや、真剣に勤行・唱題を続けたら、どれほど素晴らしいか。

全部、自分自身のためです。義務ではなく、権利です。

また、勤行という行に励むということは、

毎日の「心のトレーニング」です。

自分自身の生命を清浄にし、エンジンをかけ、

願い通りの軌道に乗せていくことができるのです。

心身ともに回転を促し、リズムを整えていくことです。

いちばん苦しんだ人が、いちばん幸福になる。

いちばん悩みを持った人が、いちばん偉大な人生となっていく。

これが仏法です。だから素晴らしいのです。?

悩みといっても、いろいろある。自分のこと、将来のこと。また身近な家族の事もある。

更には、友達のことについて悩みになるかもしれない。

或いはもっと大きく世界の平和をどうするか、新世紀をどういう方向に持っていくか

・・・これは偉大な悩みです。

?

どんな悩みも、全部、題目によって、自分のガソリンに変わる。

生命力に変わる。人間性に変わる。そして福運に変わるのです。

だから悩みが大きいほど、困難が大きいほど、多いに題目を上げきって、

成長していけばいいのです。全てを大転換さて行く事ができるのが、この仏法哲学です。

?すべての人に、自分でなければできない、自分の使命がある。

?

使命がなければ生まれてきません。

例えば世界には、たくさんの山がある。高い山、低い山。

世界にはたくさんの川がある。長い川、短い川。

しかし、みな山であり、みな川であることには違いはない。

穏やかな万葉の奈良の山もあれば、勇壮な阿蘇ある。

壮大な白雪のヒマラヤもあります。それぞれに美しい、味がある。

?

川も、鮭の故郷となる石狩川もあれば、詩情の千曲川もある。

対岸が見えない大黄河があり、アマゾン川もある。

その川にしかない魅力がある。

これと同じように人間もまた、それぞれの使命があって存在するのです。

いわんや若くして、妙法に縁した君たちです。君には君でなければ出来ない、

君の使命がある。そう確信し、誇りを持つのです。

題目をあげて、「目の前の山を登れ」。

?

登った山頂から、もっと広い人生が見えてくる。

自分だけの使命もだんだんと、わかってくるのです。

「使命があるのだ」という事を忘れない人は強い。

どんな悩みや困難に直面しても、負けない。

?

悩みや困難を全部、希望のエネルギーへと変えていけるのです。

これが信心の大功徳となって、君自身に現れます。

これを確信して、全てに挑戦してゆく青春を送って下さい。

?

?

4.24に学ぶ

長い目で見れば、学会はまだ80年です。

「宗門が750年という歴史と比較して、いつのまにか、学会も宗門とそんなには、

変わらなくなるよ」との先生の言葉が思い出されます。

君の時代にこそ、先生が夢に見た、『理想の創価師弟の学会』を創って下さい!

具体的には、学会の組織で言えば、民間より副会長が誕生する事です。

今の宗教法人創価学会から、サラリーマンとして、給与を貰うのではなく、

自分自身が信心の結実として、財力も教学力も、そして最第一の折伏力も、

そして活動量も、全てに優れた人材を求めています。

また、議員として戦うのであれば、学会の組織力に頼らず、

自らの力で集票能力と「民を親とすべし」との大聖人の心を戴した人材です。

党も今の公明党に所属する、しないは関係ないのです。

世界には、このような大境涯の人材群が地湧の菩薩としての誕生を待っています。

先生の構想は、「出でよ10万の池田大作。10万の戸田城聖」と言われました。

?師弟共戦の中にこそ、過去、現在、未来という三世にわたる

永遠勝利の幸福境涯が作れるのです。

現世だけ諸願 (しょがん) の達成や幸福感だけでなく、

その人の生命は来世もまた同じ幸福境涯で生まれてくるのです。

そしてその福運は、本人だけでなく、

先祖7代・子孫7代にまで福運は及ぶと大聖人は仰せです。

ご本尊の前で唱題をする事と、折伏弘教の対話の二つの実践は、

自らの生命に内在する悩みや苦悩を変換して、

晴れ晴れとした大満足の生き方への挑戦なのです。

まさに、信心とは無限の向上、永遠の希望なのです。

自分自身に大歓喜の勇気が涌くのです。

勤行や唱題は、我が仏性を発揮する作業です。

君自身に梵天・帝釈が現れ君自身を守りに護るのです。

全ての願いが叶うのです。

とにかくも自分自身の全ての課題を、素直のままで祈り、

そして広布への誓いを立てるのです。

ありのままの姿で、ご本尊に深い祈りの唱題を続けるのです。

『これが誓願の祈り』です。

同じ祈りでも、「自分の事だけに執着した祈り」と、

「広宣流布への大願の祈り」とは天地雲泥の差があるのです。

『広布誓願の祈り』こそ、実は自分の事だけの祈りも叶うのです。

今、始まっている座談会運動は、大激励運動です。会員を励まし続けるのです。

池田哲学を勉強し、自分の言葉で人に会話をするのです。新聞啓蒙なども同じです。

それ自体が相手の仏性の心を呼び覚ましていく作業なのです。

仏縁が結ばれる折伏精神なのです。

常に、戦う心があるか、どうかなのです。

そして信心とは究極の勇気です。折伏する勇気です。

勇気を奮い起して、君の知人・友人に、学会正義を語って行って下さい。

学会活動に徹し抜いた功徳は絶大です。

その功徳は足し算ではなくて、いわば掛け算のように溢れ出てくる。

これが一念の力であり、妙法の法則であり、勝利の方程式です。

広布の責任を担い立つ行動は計り知れない威光勢力を広げます。

自分自身に崩れざる永遠勝利の福運が積まれます。

12月号の大白蓮華で、崇峻天皇御書 (すしゅんてんのうごしょ) では、

五年間の長き過酷な逆境の冬を乗り越えた四条金吾の内薫外護 (ないくんげご)

の法理の功徳が紹介されています。

沖縄広布に学べ

いよいよ創立80周年の開幕です。それは世界広宣流布の開幕の時なのです。

世界128カ国・地域に青年リーダーは誕生しました。

「源遠流長」の原理から言えば、末法の広宣流布は始まったばかりです。

いよいよ、これからなのです。

新年、大百蓮華1月号・2月号には、

「沖縄から世界広布の陽が昇る」と題して、会長就任の2ヶ月後の昭和35年7月16日、

先生はパスポートを手にして当時米軍の占領下にあった沖縄を訪問される様子が

紹介されています。

「戦争の歴史から、平和の歴史へ」の大転換の戦いの開始です。

不思議にも、大聖人が折伏の書、「立正安国論」を時の執権・北条時頼に

上呈した1260年7月16日より、ちょうど700年の目のその時です。

先生の沖縄訪問は本格的な「立正安国論」の闘争と符合したのです。

明年で750年です。今、なぜ沖縄なのか。

「一番苦しんだところが一番幸せになる権利がある」そして、

「沖縄の文化の心は、最も仏法に近い」からです。

この沖縄の心を模範とせよとの、師匠の大激励が世界に発信しているのです。

世界では、まだ貧困をはじめ、紛争・戦争の地域が数多く残っています。

沖縄も、いまだに戦後の遺骨収集や不発弾処理が終わっていません。

経済格差・基地問題など、内地からみたら遠い国のように思うかもしれません。

その一番苦しんだ地域がその宿命を転換することにより、世界広布は仏法証明の

歴史としての、その真実を残せるのです。

1964年、昭和39年12月2日小説「人間革命」は、

旧沖縄本部の和室で執筆を開始されました。

書きだしの冒頭は

「戦争ほど、残酷なものはない。戦争ほど、悲惨なものはない・・・」と

軍部に立ち向かった恩師や、地上戦を経験した沖縄の人々の

慟哭の叫びが込められています。

信心で、自らの宿命を転換し、人間革命の歴史を築けとの師匠の大激励なのです。

そして、沖縄の人々の心には「開かれた海洋国」の気風があるのです。

大海原は世界につながる我が道とみて、乗り出して行く。

そこにはロマンが感じるのです。

南米やアメリカ・ヨーロッパ・東南アジアで、多くの沖縄出身者は活躍し、

その国の草創期を切り開いたリーダーもいます。

沖縄の方言で、「イチャリバ チョーデー」=行き会えば、皆、兄弟=といって、

胸襟を開くところには、どちらが上とか下とかいった、息苦しい関係はない。

その平等に語り合う場には、海風が薫り、明るい青空や星空が広がる。

これが沖縄の精神です。

日本の東京は政治と経済の中心です。

世界広宣流布の中心は、「沖縄の信心の心」なのです。

師弟の魂を、三代の法戦を知り、共に戦うのが信心です。

師匠から信心を受継ぐのではありません。これが大事です。

常に師匠と共に、一緒に戦い続けるのです。

在在諸仏土常世師供生(ざいざいしょぶつどじょうよしぐしょう)といって、

常に戸田先生には牧口先生。池田先生には戸田先生が師匠です。

君もまた、池田先生を師匠と定めて、

師匠と弟子が常に、一緒に新たな広布の歴史を創るのです。

それは心が純粋でなければ、解りません。

御書の勉強でも、解らなくても、「そうだ!その通りだ!」と思って勉強するのです。

そうすれば、自然に理解出来るようになります。疑ったら、混乱するだけです。

御書には、「心こそ大切なれ」「心の財、第一なり」

「志ざしと申す文字を心へて仏になり候なり」等々と、

何度も何度も、「心」で耐え抜く。「心」で開く。そして「心」で勝つのです。

沖縄創価学会は、その通りの組織が出来上がりました。

君もまた、君の目標である強い心を作り磨いて、

全てが勝利していける人生を歩んで下さい。

君の勝利が池田先生の勝利です。創価の生き方です。

平成21年12月22日 より転載

師弟原点の日

今日8月14日は63年前の、この日1947年(昭和22年)

池田SGI会長が初めて恩師戸田第二代会長と出会った、師弟原点の日です。

友人に誘われて、座談会に参加した当時19歳の池田青年は、

「正しい人生とは」などの質問に対し、戸田会長は明快かつ誠実に答えた。

そして、若き池田青年は即興詩「地湧」を詠まれました。

地湧

旅びとよ 

いずこより来たり

いずこへ

往かんとするか

月は 沈みぬ  

日 いまだ昇らず

夜明け前の混沌(カオス)に

光 もとめて 

われ 進みゆく

心の 暗雲を はらわんと

嵐に動かぬ 大樹求めて

われ 地より 

湧き出でんとするか