私の子供たちへ

黄金の花

この歌の詩文が仏法の心だよ。この歌の心がわかるのが信心だよ。

” 仏” は自分が相手の苦しみを瞬時に感じる感情を「同苦する」という。

沖縄の人の心には「胸が痛い」という感情がある。

仏法で説く「同苦する」と全く一緒の心情だよ。

それは、「人を憐れむ」とか「人を差別する」などの感情そのもの自体が無いんだよ。

朗らかに仏法を語れ 3

折伏は信用が残る

戸田先生は「折伏に方法などない。

ただひたぶるに、

御本尊を拝む以外にない」

と言われていた。

折伏は「相手を幸せにしたい」との祈りから始めることだ。

その真心が伝わらないわけがない。

心を打つのは心だ。心を動かすのも心だ。

真実を真心込めて語るからこそ、「信用」が残る。

青年の一番の宝は「信用」だ。

折伏すればするほど、自他共 (じたとも) に、仏性 (ぶっしょう)が強くなり、

永遠に崩れない生命の宝が積みあがるのだ。

朗らかに仏法を語れ 2

できなくても朗らかに

一人の人を折伏することが、

どれほど大変なことか。

妙法は「難信難解 (なんしんなんげ)」

ある通りである。

だからこそ、これ以上に尊い、偉大な行動はない。

私も、なかなか、できなくて苦労した。

でも、同志と「今、一人の人が入会せずとも、

幾百千万の人々が、我らを待っている」と励ましあいながら、悠々と対話を進めてきた。

折伏は、できても、できなくても朗らかにやりなさい。

皆に最高の希望と勇気を贈る対話なのだから。

そもそも、人を救おうとして悩むなんて、すごいことではないか。

それ自体、地涌 (じゆ) の菩薩 (ぼさつ) の悩みであり、仏の悩みである。

御本尊を持 (たも) たせることは、その人の家に大聖人をご案内することにも等しい。

朗らかに仏法を語れ 1

心の大地に幸福の種を

折伏 (しゃくぶく) は勇気である。

仏法の偉大さと信心の素晴らしさを、

自信満々と語り抜いていくことだ。

日蓮大聖人 (にちれんだいしょうにん) は、

「法華経を耳にふりぬれば是 (これ)を種として必ず仏になるなり」

と仰せであられる。

自分の確信と体験を、伸び伸びと語ればいい。

相手が聞いても聞かなくても、生命に幸福と希望の種を植えることになる。

その種は、いつか必ず根を張り、芽を出し、花を咲かせる時が来るのだ。

勝利の人間学 3

声 (こえ) 仏事 (ぶつじ) を為 (な) す

会合は声で決まる

会合も声で決まる。張りのある声、

確信に満ち溢れた声が響く会合をお願いしたい。

役員の皆さんは、「仏を敬うが如く」、

参加者を温かく迎え、送り出していただきたい。

爽やかなあいさつの声が、時間をやりくりして

会合に駆けつけた友の心を明るく満たす。

体調なつらそうな人がいたら声をかける。

帰宅の際に無事故を呼びかける。---こまやかな心配りの一声 (ひとこえ)が命を守る。

同志を守り抜かんとする一念 (いちねん)の音声 (おんじょう)が、魔を退散させる。

「声仏事を為す」である。声で仏の仕事をするのだ。

創価班、本部担当、

そして全ての学会活動が「仏の声」で「仏の仕事」あることを忘れまい。

勝利の人間学 2

声 (こえ) 仏事 (ぶつじ) を為 (な) す

心が声に表れる

 

ある時、皆で題目三唱(だいもくさんしょう)

したが声が揃 (そろ)わない。

戦いに臨 (のぞ)む皆の呼吸が、

合っていなかった。

心がバラバラでは、皆の力も結果も出ない。

私は何度もやり直した。

声が揃うまで題目を唱 (とな)えた。

そして「前進」という合言葉 (あいことば)を皆で何回も繰り返して叫んだ。

最初は弱弱 (よわよわ)しい声が、

だんだんと勇気凛凛 (ゆうきりんりん)と力強くなっていった。

皆の心に「前進する決意と自信」が漲 (みなぎ)っていった。

心が声に表れる。声が壁 (かべ)を破る。

声が出るようになった時、勝利へ怒涛 (どとう)の前進が始まったのである。

「声 (こえ) 仏事 (ぶつじ) を為 (な)す」である。

声で仏の仕事をするのだ。

勝利の人間学 1

声 (こえ) 仏事 (ぶつじ) を為 (な) す

妙法 (みょうほう) の音律 (おんりつ) が力に

 

信心の根本は題目である。

白馬が大草原を颯爽 (さっそう)と駆けていくような、

清々しい唱題を心がけたい。

その題目の声が、行動となる。力となり、エネルギーとなる。

そこから勢いも生まれる。

たとえ一遍 (いっぺん) の題目であっても、

全宇宙に響き渡る。

妙法の音律は、諸天 (しょてん)を揺り動かさずにはおられない。

心が声に表れる。声が壁 (かべ)を破る。

声が出るようになった時、勝利へ怒涛 (どとう)の前進が始まったのである。