管理人

 

このメッセージは、新聞や各種機関誌などに掲載された内容から、先生の指導を中心に、特定の人物にあてはめて配信しています。私と私の後に続く後継の青年(きみ)達です。

 

学会は本部というよりも、聖教新聞社が全会員の指揮を執ってると、思われてなりません。

それは記事の内容が、全て先生よりの指導を直接、会員に伝える事が出来るからです。昔と違って、今は同時放送やDVD等を通して、先生の姿と言葉に触れることが出来ます。

それは、幹部による伝達形式ではなく、先生と会員の一対一の会話がなされるからです。

先生の書物や言葉。また姿を通して、先生の琴線に触れながら、

自らの学会活動を通して、各自の使命の道を励んで下さい。

学会活動を貫く事が大事です。これをおろそかにしてはならない。

それが大山の如く、どんな困難にも負けない強靭な自分自身と、

また大桜の如く、功徳乱満の桜のような、

宿命を使命に変えた、大境涯の人生を歩む事を目指しています。

沖縄の方言で、「イチャリバ チョーデー」=行き会えば、皆、兄弟=といって、

胸襟を開くところには、どちらが上とか下とかいった、息苦しい関係はない。

その平等に語り合う場には、海風が薫り、明るい青空や星空が広がる。

 

これが沖縄の精神です。だから私は沖縄で戦うのが嬉しいのです。

過去を振り返れば、みな勝ち戦。そして

未来を見れば、無限の宝の中に入っていくような人生。

これが、本当の幸福であり、仏の大境涯です。

この中には君が願う、経済力や体力も、全て備わっています。

これが創価の師弟の信心の実証です。