栄光の仲村茂樹へ

第22回 全国体育系学生柔道体重別選手権大会

2010年3月20日 66Kg級 決勝戦

茂樹、準優勝おめでとう。

その後、前十字靱帯断裂 という怪我で、今は試合に出られなくても、長い人生の序盤戦です。

この経験は、自分自身に強靭な精神力を創るから、また新たなスタートを開始していこう !

半年後の世界柔道東京大会も、若き大学生が優勝した。

皆、実力は紙一重です。

勝負は時の運というけれど、若き君たちは、全員がスタートの位置についている位、大きな差はないのです。

これからの生き方で、どのようにも成長していける。

将来は、どんな困難にも負けない、大きな自分を創って、

後で振り返ってみたら、 「大きな意味のある経験だったな」 と思えるような、

自分自身に大成長して下さい。

決勝に進出したのは仲村茂樹(桐蔭横浜大3年)と、石本克泰(国士館大3年)

決勝は仲村、石本ともに右の相四つ。

開始早々、厳しい組み手争い。20秒、石本釣手を探りながら、

やや強引に右大内刈を仕掛けるが間合いが遠く、

仲村これを鋭く小外刈に切り返し仲村の「有効」。

決めが良く、投げられた石本も「一本かと思った」というこの大内返で、

試合が落ち着く前に仲村が先制。

以後も同様にややあわただしい展開が続くが、1分過ぎから石本が釣手で横襟を握り、

両襟を握る形で仲村の頭を下げさせ始めると仲村の動きが止まり、

徐々に試合は石本ペースに。

石本は次々に両襟の大外刈を繰り出して前に出ると、

仲村は苦しい態勢ながらもこれに右背負投、左袖釣込腰で対抗。

しかし仲村の技はいずれも組み際、もしくは押し込まれた体勢からのもので、

石本は払巻込、大内刈に大外刈と技をまとめて完全に試合の主導権を握る。

残り1分20秒、仲村、何度めかの左袖釣込腰を待ちかまえた

石本逆側に勢い良く押し込んで転がす。引き手のめくりが良く効き、

石本の「技有」となる。

石本すかさず抑え込みを狙うが、

仲村二重絡みで耐え、

長い攻防の末に「待て」。

この時点で残りは約40秒。

石本は片襟の体落、背負投で攻撃し、

最後は前に走り出てくる仲村をうまくいなして時間。

優勢勝ちで見事今大会2連覇を達成した。

試合後、「2連覇は狙っていた」と息を弾ませた石本。決勝では先行されたが、

「あれは一本取られたかと思ったが、

ポイントを取られて却って燃えてきたので結果的には良かった」と

語る強気の柔道が見事連覇を呼び込んだ。

2010年世界柔道選手権大会  国立代々木競技場 

9月12日

決勝 男子66kg級

大学生の海老沼匡、森下純平という

若き二人が世界に挑戦。

海老沼は3回戦でブラジルのクナに

肩車で「一本」を取られて敗退するも、

そのクナを4回戦まで一本勝ちで勝ち上がってきた森下が

改心の払い腰で決めて見事初優勝。世界デビューをビッグタイトルで飾った。