人生における勝負の要諦についての講演

若き日に聞いた先生の指導を今再び確認できて嬉しいです

「〜しかし現実は現実である。勝たなくてはならない。社会は社会である。
永遠になるものの境涯の大地の上に立って、幻のごとき消え去っていくであろう現実生活をば勝利で飾りながら、また永遠なるものの、それが原動力となっていくものが信仰なのであります。これが信心即生活であり、仏法即社会なのであります」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA