宝ものの君たちへ

心は、上手な絵描き

「桜梅桃李 (おうばいとうり) 」 という言葉

があります。

桜は桜、梅は梅、桃は桃、李(すもも)は李。

だから、素晴らしいのです。

 

自分の良い面を伸ばしていけば、

欠点は隠れるという事です。

例えば、「短気」は何をやっても速くて「スピーディー」だという長所にもなる。

「おとなしい」性格は「みんなの和をつくる」長所にもなる。

「感情の起伏の激しい」性格は「情熱的」になる。

「大雑把」な性格は「大らか」になる。

「神経質」な性格は「こまやかな」心配りになる。

性格が人生を決めるのではない。

性格を、「どう生かすか」で決まる。「どう生きたか」で決まるのです。

どんな性格であろうと、自分らしく、

「誠実に生きていこう!」 と決めて頑張っていけばいいのです。

読書も 「やりきった!」 という努力が自信になる。

そうやって大地に足をつけた人は、人が認めてくれようが、くれまいが、

そんな事は 「小さなこと」 だとわかるのです。

自分で自分を認めてあげれば、それでいいのです。

仏法では、「心は、上手な絵描きのようなものだ」 と教えています。

自由自在に、理想的な「自分の未来」をデッサンし、肉付けをし、色づけをして、

やがて「現実」のものにしていける。

そういうすごい力が心にはあるのです。まして、君たちには「ご本尊」がある。

「こうなりたい」 というイメージをしっかりと描き、抱きしめて、祈り抜き、

努力していけば、必ず、自分の思い通りの生き方を歩めます。

以前にも書いた通り、御書には、

「心こそ大切なれ」

「心の財、第一なり」

「志ざしと申す文字を心へて仏になり候なり」等々と、何度も何度も、

「心」で耐え抜く。「心」で開く。そして「心」で勝つと教えています。

自分と友達について

「桜梅桃李 (おうばいとうり) 」 の別の意味は、友達との友情も教えています。

友人というのは、君を映し出す 「鏡」 です。

学生時代からの友もいれば、社会に出てからの人脈で築く友人もいる。

「自分が誠実で変らない」これが友情です。「自分で決まる」という事です。

相手の態度ではなく、自分の態度が大事です。

「相手が自分の事を思ってくれる」から友情ではない。

「相手が裏切らない」間だけ友情が成り立つものでもない。

「自分が相手を思う」からこそ友情なのです。たとえ相手にうらぎられても、

「自分は裏切らない」から友情なのです。むしろ相手が苦しい立場にいる時ほど、

自分だけは、その人の味方になってあげる。

その勇気が友情の心です。

例えば、竹は、一本一本が天に向かって、真っ直ぐ伸びている。

他の竹に寄りかかったりしていない。

但し、地下の根っこ(地下茎)の部分ではがっちりと繋がっているのです。

人間も同じで、一人一人は自立しています。真っ直ぐ生きていく強さを持っている。

でも、「心は繋がっている」それが友情です。

全て仏法の生き方なのです。