ウォルター・ホイットマン (Walter Whitman)

民衆詩人 / ウォルト・ホイットマンウォルター・ホイットマン (Walter Whitman)

・さあ、出発しよう!悪戦苦闘を突き抜けて! 決められた決勝点は取り消すことができないのだ

詩集「草の葉」より。

ウォルター・ホイットマン (Walter Whitman)

1819年5月31日 – 1892年3月26日
アメリカ合衆国ニューヨーク州ロングアイランドに生まれ、

職業は詩人、随筆家、ジャーナリスト、ヒューマニスト。

ウォルト・ホイットマンの作品の特徴は、
厳格なイギリス文化の構造を否定し、
良心における自由な精神を訴え、
アメリカの詩文化に永久的な変化を吹き込んだ。

代表作は「草の葉」

詩集「草の葉」より。

・何よりもまず偉大な「人物」を産み出すこと、あとのことはそれで確実。

・改革が必要であればあるだけ、それを成就するための「人格」が必要になる。今日すぐに始めたまえ、勇気、実在、自尊、明確、高貴を目ざして君自身を鍛えることを、君自身の「人格」を固め広めるまでは休んではならぬ。

・わたしにも、誰にも、あなたに代わって道を歩くことはできない。自分の道は自分で行くほかないのだ。

 ・君が教訓を学んだ相手は君を賞賛し、親切をほどこし、味方になってくれた人々だけだったのか?君を排斥し、論争した人々からも大切な教訓を学ばなかったのか?

・私の決心は少しも揺るがない。私は自分の詩の仕事を自分自身の方法で、最後まで力の限り続けていこう。

・最善のことを言うよりももっと善いことは、つねに最善のことを言わずにおくことである。

・情熱、それなくして人と呼べようか

・自分自身であることに、人間の偉大なる誇りがある

 ・何になるにもからだが肝心、健康でなくしてどうして宇宙とひとつになれよう。

 ・寒さにふるえた者ほど太陽の暖かさを感じる。

・人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る。

 ・若い女は美しい。しかし、老いた女はもっと美しい。

 ・これから私は幸福を求めない。私自身が幸福だ

 ・もしも詩人が、すぐれた模範を世間に披露し、その一歩一歩が自己の証となるのでなければ、彼は無用の長物だ。

 ・まず自分自身のあいだから、その最良の見本を提供することが必要である。そして一人でも二人でもそういう見本を提供することによって、集団全体が千年も輝くものとなるのだ。

 ・世界中の誰もが自分を称賛しても、私は一人静かに満足して座っている。世界中の誰もが私を見捨てても、私は一人静かに座っている。

 ・演奏を聴いて思い出したと感じている音楽はすべて、あなたの内側から呼び覚まされているのだ。

・同志よ、これは本ではない。これに触れるものは、人間に触れるのだから。

 ・毎日出かけていく子供がいた、最初に目にしたもの、驚き、哀れみ、愛、あるいは恐れと共に受け入れたものそのものに、彼はなった。それはその日一日、あるいはその日のる時間、あるいは何年も、あるいは年の経めぐるずっと長い間、彼自身の一部になった。

 ・報われぬ愛はなし。これか、あれか、方法は違うが、報いられるのは確かである。

 ・あらゆる過去は後に取り残すのだ。わたしたちは一層新しい、一層力に満ちた世界へ、変化した世界の上に進出するのだ。

 ・永遠にめぐりくる春よ、三つの宝をあなたは忘れずに届けてくれる。年ごとに蘇えるライラックの花と、西空に沈むあの星と、そして愛する人の想い出を。

・おお、強敵を相手に苦闘し、不屈の敵に立ち向かい、何びとの助力も借りずにその敵と四つに組んで、おのれの性根を試してみたい。

・人に何かを与えるとき、私は自分自身をささげる。